当社の駆動ソリューションが高品質の切削を実現

ヤマザキ マザック 株式会社では、レーザー切断機に WITTENSTEIN のはす歯 PLS ラック & ピニオンシステムを使用しています。

より高速で生産性の高いレーザー切断

製造業へのレーザー切断機の導入が進んでいます。特に、板金加工でレーザー切断機の利用が一般化しています。高い切削速度、高精度、容易な設定変更が製造コストの低下をもたらし、それが生産性の向上につながります。日本のヤマザキマザックは、新開発の OPTIPLEX 3015 FIBER II レーザー切断機に WITTENSTEIN のラック & ピニオンを採用しました。

WITTENSTEIN Ltd. Japan - 2-6-6 Shibadaimon

+81-3-6680-2835

+81-3-6680-2841


ヤマザキ マザック 株式会社

ヤマザキ マザック 株式会社

ヤマザキマザックは、金属製作、構造用鋼、建設といった業界向けのレーザー切断機を設計、製造しています。製品ラインには、各種の 2D および 3D レーザー切断機やオートメーションシステムなどがあります。


OPTIPLEX 3015 FIBER II:

OPTIPLEX 3015 FIBER II:

きわめて高い動的能力と最高水準の位置決め精度

続きを読む

当社のソリューションが性能の向上を約束します

当社のソリューションが性能の向上を約束します

新開発の OPTIPLEX 3015 FIBER II には OPTIPLEX プラットフォームが採用されています。これは 2 段パレットチェンジャーとして機能するもので、大量生産の場合でもきわめて高い信頼性を発揮します。

続きを読む