WITTENSTEINにおけるコンプライアンスについて

当社の企業価値の一つである「責任」は、私たちが企業活動をおこなう上で基礎となるものです。コンプライアンスは、あらゆる法令および社内規定を遵守することを意味し、企業活動において不可欠な前提条件となります。WITTENSTEINグループのすべての役員および社員には、法律、規則、自主的責任、および自身の価値観に基づいて行動することが求められます。これを明確にするために、例と共にコンプライアンス行動規範を定めました。
WITTENSTEIN グループ企業行動規範
ビジネスにおいて、持続可能かつ社会的に責任ある行動は、あらゆる取引の基本であり、良好で長期的なビジネス関係の普遍的基盤となります。当社では、WITTENSTEINグループ企業行動規範の考え方に基づき、サプライヤーの皆様にもご理解・ご協力いただきたい項目をサプライヤー行動規範として定めました。
WITTENSTEIN グループサプライヤー行動規範

当社のコンプライアンス基準は、国連グローバル・コンパクトの原則と国際労働機関(ILO)の規約に基づいています。 

 

コンプライアンス違反の報告方法

私たちにとって、不正行為を明らかにすることは重要なことです。そのため、当社では内部通報制度を設けています。この制度により、従業員、ビジネスパートナーおよび第三者は、いつでも不正行為を報告することができます。

内部通報制度   

ご注意ください: 
違反の可能性がある場合には、匿名または実名での通報が可能です。私たちはオープンなコミュニケーションを大切にしています。そのため、可能であればお名前を出すことをお勧めします。当社はあなたの情報を機密に取り扱い、あなたが知っている限りで不正行為を報告しても、不利益を被ることはありませんので、ご安心ください。

通報にあたっては、システムの指示に従って段階的に入力を進めてください。その際、メールボックスの設定が必要となります。このメールボックスは、当社が質問をする際の連絡以外には使用されません。ご希望であれば、いつでもレポート内容に情報を追加し、メールボックスを通じて当社に伝えることができます(こちらも匿名で可能です)。パスワードとケースID番号は、レポート作成時に自動的に表示されますので、必ず控えておいてください。