当社の理念

当社のビジョン

ヴィッテンシュタインは、そのインテリジェントメカトロニクス駆動技術、サーボシステム、コンポーネントにおいて、お客様のグローバルパートナーになるよう努力しています。


当社の価値

お客様、サプライヤ、同僚との関係は、私たちの基本的価値観を表しています。そのため私たちは、以下で表されるものと調和するよう行動します。ところで、当社の価値を表している写真はすべて、当社のワールドガーデンで撮影されました。詳しくはこちらをご覧ください...

責任

責任

私たちは、以下のことにより、将来と社会に対する責任を受け入れます。

続きを読む

信頼

信頼

私たちは、以下のことにより、相互尊重に基づく人間関係を通じて信頼を構築します。

続きを読む

開放性

開放性

私たちは、次のことにより、透明性のある双方向のコミュニケーションと理解を推進するために、偏見のない方法で行動します。

続きを読む

イノベーション

イノベーション

私たちは、自身のイノベーション精神から日々新たなインスピレーションを得て、そしてまた新たなイノベーションを目指しています。

続きを読む

変化

変化

私たちは、自信を持って変化にアプローチします。私たちは変化を、以下のことにより、お客様と私たち自身の持続的な成功を実現にするために、さらなる成長を促すやりがいとして捉えます。

続きを読む

当社の企業理念

当社の成功は、共通の価値の実践と、共通の目標の追求に基づいています。当社の企業理念は、これらの考え方を書き表したものです。それは、私たちの日々の計画、意思決定、行動のガイドラインの役目を果たします。それは、当社のすべての従業員に対しいつでも拘束力を持ちます。

1.さまざまな価値の成熟化

私たちは価値を育みます

私たちは、「さまざまな価値の成熟化」という理念に基づいて思考し、行動します。この理念は、家族経営の企業として、互いの関係性を理解し、会社およびその将来に利益を再投資するうえで、非常に大切な意味を持っています。何より、環境、経済、社会の持続可能なバランスを保つうえで、貨幣以外の価値を含む、様々な価値を重視することを意味しています。

これは、例えば企業の将来(貨幣)価値を最大化すること、過去の経緯のみから未来を推測すること、将来の知識を有しているように振る舞うこと、収益を搾取すること、また「take-the-money-and-run」のような考え方を特徴とする、世界で広く通用している「拝金主義」モデルとは対照的です。

さまざまな価値の成熟化とは、たとえば、企業が継続的に技術革新し、成長できるかに基づいて持続可能な収入を実現することを意味します。こうすることで、企業は生き残り、将来の世代のために資源を確保することができます。

2.マインドフルネス

私たちは、いつでも、どこでも注意深くあります。

「さまざまな価値の成熟化」の原則が、私たちの行動を説明しているのに対して、「マインドフルネス」は価値に従ってどのように生きるかという問いに対する答えです。注意深くあるということです。すべての変化は発展のための挑戦でもあります。人は技術的、社会的に終わることのないプロセスに積極的に関わる必要があります。つまり、企業環境で発生する変化を適切なタイミングでしっかりと認識し、判断するということを意味します。それが、わたしたちがヴィッテンシュタインという企業で、いつでも、どこでも注意深くある理由なのです。

「マインドフル」であるということは、すべての現象に気付くことができるよう絶えず注意を向けることを意味します。私たちは、ささいなシグナルも見逃さず、無視することなく、まず考えてみることから始めます。そのために、私たち自身にできるだけ制限や制約を設けないようにしています。「マインドフルネス」は、私たちの生活を形づくり、生活に浸透する心の姿勢です。これによって、目の前にある機会を認識するだけではなく、潜在的なリスクを認識し、最低限に抑えることができます。

「マインドフルネス」とは、事業が好調な時でも、業績に満足して気を抜くことなく、未来を見据えることも意味します。そのためには、自己を顧みること、つまり、経路依存に陥らないように継続的に自己分析することが求められます。

3.家族経営企業

ヴィッテンシュタイングループは家族経営の企業です。ヴィッテンシュタイン家の人々は、企業と家族の利益バランスを維持するよう最大限努力しています。

ヴィッテンシュタインは家族経営の企業です。ヴィッテンシュタイン家の資産の大部分が、 ヴィッテンシュタイングループと関連しています。そのため、家族と企業の枠組み、いわゆる連帯責任という高いリスクを負っています。関係者とその子孫の未来を守るために、両者が約束を果たし、責任感を持ち、信頼できる存在であることを示すことが求められています。

ヴィッテンシュタイン家は、この会社を同族経営企業として、関係者全員が持続可能な利益を得られるように、株主や家族また企業の交流を促進するよう努力しています。これらの目標を達成するには、価値観の一致が前提となります。これが、ヴィッテンシュタイン家が、明確にその企業理念に従って行動してきたもうひとつの理由です。

ヴィッテンシュタイン家はその名前と名声によって同社を支えています。従業員はその行動のひとつひとつが、ヴィッテンシュタイン家の名声に影響を及ぼす可能性があるということを留意しなければなりません。

4.従業員

ヴィッテンシュタインとその従業員は、相互に義務を果たし、それぞれがもう一方の責任を引き受けます。

ヴィッテンシュタイングループと従業員の関係は、ヴィッテンシュタイン家と会社の関係に似ています。両者は信用と信頼に基づいて相互に義務を果たし、そうすることで、それぞれがもう一方の責任を引き受けることになります。ヴィッテンシュタイン社が最も大切にしているのは、従業員の尊厳です。つまり、尊敬を受け、互いに重要性を認める人間としての価値です。私たちは従業員を信頼しています。そして、信頼できる彼らのパートナーです。私たちは従業員の労働力を搾取することなく、長期的な関係を築くことを目的としています。従業員の潜在能力を開発し、引き出したいと考えています。一方、従業員は責任を持って実力を発揮し、自己啓発を怠りません。そして、彼らも私たちの信頼できるパートナーです。

5.お客様

私たちは、お客様と密な関係を構築し、責任を引き受ける豊かな関係を築いています。

私たちは、お客様とのパートナー関係を強化し、互恵関係を築きます。私たちは約束を守り、互いに公平に接します。嘘をつかず、真摯に対応します。これが、長期的な信頼を得る唯一の方法だからです。お客様に信頼される存在であること。このように行動するために、私たちは常にお客様の潜在的なニーズを考え、それを満足させる適切な解決策を講じる必要があります。

6.個々の利益より共通の利益を優先

WITTENSTEIN グループの共通の利益が常に個々の利益より優先されます。

ヴィッテンシュタイングループは、多くのネットワーク(ヒドゥン・チャンピオンとして行動するビジネスユニットや部署)で構成される、知的で相乗効果の高い組織です。各組織単位には独自の目標があり、一貫してその目標を追求しますが、グループ全体としての目標や利益を見失うことはありません。また他の組織を犠牲にして行動しません。企業理念において、一つの組織単位ではなく、ヴィッテンシュタイングループの共通の利益を常に優先しているのは、このためです。この方法によってのみ、グループは長期的に生き残ることができるのです。

7.補完性

可能な限り、現地レベル(分散化されたローカルベース)で問題を処理します。

「オンサイト」という言葉を、地理的(ローカル)な意味だけでなく、組織的(分散的)な意味でも理解する必要があります。原則は、他のガイドライン(他の事業活動原則、内部規則、管理規則、コンピテンシーのルール)の文脈も考慮して適用する必要があることは言うまでもありません。たとえば、「個々の利益より共通の利益を優先する」という原則が、他の補完的な原則によって無視されることがあってはなりません。

補完性には、とりわけスピード、問題またはタスクとの距離、より適した判断を下せるという利点があります。

8.リスク

私たちは、自分自身で管理できないリスクは取りません。

リスクを取ることは、ビジネスの一部です。すべての技術革新は、境界を越えて未知の領域に踏み込むことを意味します。そのため、リスクの無い技術革新はありません。起業家の決定にまつわるリスクと、技術革新プロセスにおけるリスクはとりわけ、識別して評価する必要があります。さらに、リスク防止および低減のための行動も規定する必要があります。残るリスクは、ここで述べるものです。オーナー、従業員およびその家族、そして将来の世代に対する責任に照らして、まさしく会社を賭すという意味で、私たちは企業を挙げて実際にリスクが発生した場合、自社のリソースをもって適当な期間内での管理が不可能なリスクは取りません。この原則は同様に、総合リスク(プロセスのリスク、社会文化的リスク、市場リスクなど)に適用されます。

9.法令順守

ヴィッテンシュタイングループ傘下の企業とその従業員は、企業活動をする国のあらゆる法令を順守します。

私たちにとって、事業を展開している国の法令を尊重することは当然のことです。しかしながら、自社の規範的な枠組みを見失うこともありません。

私たちは、ヴィッテンシュタインブランドの向上に価値のある貢献をするだけでなく、ヴィッテンシュタイン家の名声も維持しています。

10.社会的受容

私たちは、企業活動が社会的に受け入れられるよう努力しています。

社会の幸福は(それがどこの国の住人を指すとしても)、新技術や新商品、そして開発や使用と密接に結びついています。ヴィッテンシュタインは、技術的なリスクと利益の判断が必要なとき、科学的研究を信じています。商品やソリューションが社会の福祉に長期的に役立つように開発を進め、そして製造および販売することが、ヴィッテンシュタインの目的です。そのため、商品やソリューションの開発、生産、販売において、私たちはお客様のニーズだけではなく社会のニーズも考慮しています。私たちはすべての営業分野で科学的知見に基づく詳細な分析を実行し、社会環境と常に接しています。これらの活動は、私たちが使用する技術や提供する商品、さらにはソリューションを、社会で幅広く受け入れてもらうことで、当社の価値を着実に育み、浸透させることに繋がります。